Three.jsを使って、作ってみた

プログラミング関連の事を色々書いています(^^) 週末はレストランやコンビニのお菓子のことを書いています。

Three.js TorusKnotGeometry

今回は、Three.jsの「TorusKnotGeometry」という物体について書いていきます。

個人的に好きな形の物体です(笑)
こんな形です。
f:id:gupuru:20131201201055p:plain
変な形です(笑)

TorusKnotGeometryのコンストラクタです。

THREE.TorusKnotGeometry ( radius, tube, radialSegments, tubularSegments, p, q, heightScale )
  • radius [float]・・・芯円の半径。
  • tube [float]・・・ヒモの太さ半径。
  • radialSegments [int]・・・ヒモの長さに対する分割数。増やすとヒモの曲がり方が滑らかになる。
  • tubularSegments [int]・・・ヒモの断面円の分割数。増やすと綺麗な円柱状のヒモになる。
  • p [int]・・・芯円での周回数。巻き数。
  • q [int]・・・断面円での周回数。ひねり数。
  • heightScale [float]・・・Z方向の倍率。

実際のコードです。

var TorusKnotGeometry = new THREE.Mesh( 
// 芯円半径40, ヒモ太さ半径5, ヒモ長さ分割数64,ヒモ断面は4分割, 巻き数2,ひねり数3                                       
     new THREE.TorusKnotGeometry(100, 5, 64, 4, 2, 3),    
//マテリアルはMeshPhongMaterialで、色は、FFFF00                    
     new THREE.MeshPhongMaterial({                                       
             color: 0xFFFF00                                   
     }));

//sceneに追加   
scene.add(TorusKnotGeometry);

上のコードの実行例です。
f:id:gupuru:20131201201055p:plain


これで終わりです。
ご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。
ありがとうございました!

広告を非表示にする