Three.jsを使って、作ってみた

プログラミング関連の事を色々書いています(^^) 週末はレストランやコンビニのお菓子のことを書いています。

android スピナー (Spinner)を簡単に導入する

今回は、androidのスピナー (Spinner)を簡単に導入する方法を書きます。


いろいろ調べて、個人的に簡単に導入できると思った方法です。

初めに、レイアウトを定義するxmlファイル (main.xmlなど) に以下のように書きます。

<Spinner
        android:id="@+id/spinner"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:prompt="@string/Prompt"
        android:entries="@array/Entries"
/>

android:prompt」はスピナーのタイトルです。
android:entries」は、アイテムのことです。
f:id:gupuru:20140329004414p:plain


次に、スピナーに入れるアイテムを作ります。
こちらは、strings.xmlなどに書くとエラーが出ます。これ専用のxmlファイルを作ってください。

array.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string-array name="Entries">
        <item>せんたく1</item>
        <item>せんたく2</item>
        <item>せんたく3</item>
    </string-array>
</resources>

「<item>せんたく1</item>」等がスピナーに入るアイテムです。


android:prompt(スピナーのタイトル)」は、strings.xmlなどにこのように書きます。

    <string name="Prompt">てきすと</string>

これで、準備完了です。

実行すると・・・
f:id:gupuru:20140329005440p:plain
f:id:gupuru:20140329005445p:plain



最後に、スピナーで選択されたアイテムを取得する方法を書きます。
このようにします↓

 // Spinnerオブジェクトを取得する
 Spinner spinner = (Spinner)findViewById(R.id.spinner);

 // 選択されているアイテムのindexを取得する
 int index = spinner.getSelectedItemPosition();

 // 選択されているアイテムを取得する
 String item = (String)spinner.getSelectedItem();        


これで、終わります。


参考サイト
http://androidguide.nomaki.jp/html/widget/spinner/getitem.html

広告を非表示にする