Three.jsを使って、作ってみた

プログラミング関連の事を色々書いています(^^) 週末はレストランやコンビニのお菓子のことを書いています。

Unity 別のSceneを呼び出す Application.LoadLevel

今回は、Unityの「Application.LoadLevel」について書きます。


Application.LoadLevelを使うと、別のSceneを呼び出す事ができます。
例えば、プレイ画面からゲームオーバー画面を呼び出したり、メニュー画面から設定画面を呼び出す時などに使えます。


「Application.LoadLevel」の使い方は、簡単です。
このようにScriptに書くだけです。(Javascript)

Application.LoadLevel("hello");
//Application.LoadLevel("シーン名")

「LoadLevel("hello");」の「hello」の部分に呼び出したい「シーン名」を書きます。

これで、終わりではありません。このまま使うと、エラーがでます。
複数のシーン(Scene)を使う場合は、「Build Settings」が必要になります。

やり方は、
「File」の「Build Settings」を選択します。
f:id:gupuru:20140503201004p:plain

すると、このような画面が出てきます。
f:id:gupuru:20140503201036p:plain

ここの「Scenes In Build」にシーン(Scene)をドラッグ・アンド・ドロップします。
f:id:gupuru:20140503201241p:plain
すると、上↑の画像のようにシーン(Scene)が追加されます。

これで、OKです!
実行すると、ちゃんとシーン(Scene)が呼び出されるはずです。


参考サイト
LoadLevelを用いた画面遷移 - 趣味プログラマによるOSS開発日誌
Unity Script Reference:

広告を非表示にする