Three.jsを使って、作ってみた

プログラミング関連の事を色々書いています(^^) 週末はレストランやコンビニのお菓子のことを書いています。

Swift テキストフィールドを使う UITextField

今回は、SwiftでUITextFieldを使う方法を書きます。


UITextFieldクラスは、テキストフィールドコントロールを管理するクラスです。
簡単に言えば、こんな形↓↓のテキストフィールドを作ります。
f:id:gupuru:20140614230654p:plain


さっそく書いていきます。
こんな感じに書きます。

 override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()

         /*---追加---*/
        let myTextField = UITextField(frame: CGRectMake(100, 100, 200, 50))
        self.view.addSubview(myTextField)
        /*---追加---*/

    }

実行結果
f:id:gupuru:20140614231251p:plain


ただ、これだと枠線とかないので、テキストフィールドがどこにあるか分かりにくいです。
枠線は、UITextFieldのプロパティの「borderStyle」を使えば、つけられます。

let myTextField = UITextField(frame: CGRectMake(100, 100, 200, 50))
myTextField.borderStyle = UITextBorderStyle.RoundedRect
self.view.addSubview(myTextField)

実行結果
f:id:gupuru:20140614232824p:plain


次に、テキストフィールドの値を取得する方法を書きます。


まず、「class ViewController: 」の後ろ辺りに「UITextFieldDelegate」をつけます。

class ViewController: UIViewController, UITextFieldDelegate {


次に、UITextFieldを生成している所に「〜.delegate = self」を追加します。

let myTextField = UITextField(frame: CGRectMake(100, 100, 200, 50))
myTextField.borderStyle = UITextBorderStyle.RoundedRect

myTextField.delegate = self    //追加

self.view.addSubview(myTextField)


最後に、クラスの「ViewController」内にコチラを追加します。テキストフィールドに入力された値を「println」を使い、表示させています。

func textFieldShouldReturn(textField: UITextField!) -> Bool{
        println( textField.text )
        return true
 }


全体は、こんな感じです。

class ViewController: UIViewController, UITextFieldDelegate  {
                            
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        
        let myTextField = UITextField(frame: CGRectMake(100, 100, 200, 50))
        myTextField.borderStyle = UITextBorderStyle.RoundedRect
        myTextField.delegate = self
        self.view.addSubview(myTextField)
        
    }

    override func didReceiveMemoryWarning() {
        super.didReceiveMemoryWarning()
    }
    
    func textFieldShouldReturn(textField: UITextField!) -> Bool{
        println( textField.text )
        return true
    }

}

実行結果
f:id:gupuru:20140614234138p:plain


ちなみに、複数のテキストフィールドから値を取得するには・・・

let myTextField = UITextField(frame: CGRectMake(100, 100, 200, 50))
 myTextField.borderStyle = UITextBorderStyle.RoundedRect
 myTextField.delegate = self
 myTextField.tag = 1
 self.view.addSubview(myTextField)
func textFieldShouldReturn(textField: UITextField!) -> Bool{

        switch textField.tag {
        case 1:
            println("1")
        case 2:
            println("2")
        default:
            println("test")
        }

        return true
    }

こんな感じに「tag 」を使えば、、複数のテキストフィールドがあっても値を取得できます。


最後に、キーボードの「return」を押すと、キーボードが隠れる方法を書きます。

  func textFieldShouldReturn(textField: UITextField!) -> Bool{
         textField.resignFirstResponder()
        return true
    }

「resignFirstResponder」を使えば、「return」を押すと、キーボードが隠れます。


これで、終わります。


参考サイト
UITextField - iPhoneアプリ開発の虎の巻

Swiftは、まだ勉強中ですので、間違っているかもしれません。間違っていましたら、ご指摘をお願いします。

広告を非表示にする